Life in London

tatsuo410.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 17日

Photo Club Meeting June 2018

加藤節雄写真クラブ 2018年6月例会

未来都市ロンドン

6月例会はドックランドの撮影会をしたしました。ガラス張りのビル群、ビルの谷間を通り抜ける鉄道、水面と建物の絶妙なバランス、各所に置かれた彫刻やモニュメント群、職・住・食・商等が一体となったドックランドは、ここがロンドンなのかと目を見張るものがあります。今月のテーマはそんな「未来都市ロンドン」をカメラに収めることでした。撮影した写真は7月例会に持ち寄ります。(参考写真:加藤節雄)


c0138140_22175918.jpg
c0138140_22180603.jpg
c0138140_22194639.jpg

c0138140_21550443.jpg
c0138140_21551138.jpg


●2018年7月例会のご案内

日時:7月14日(土)午後3時~5時

会場:「あべの」レストラン

持ち寄り写真:未来都市ドックランド

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp





[PR]

# by tatsuocaster | 2018-06-17 22:20 | Comments(0)
2018年 05月 17日

Photo Club Meeting May 2018

加藤節雄写真クラブ 2018年5 月例会

都会の空間

今月のテーマは「都会の空間」でした。ビルの谷間や、高層ビルで切り取られた空、都会の風景の中にはひっそりとした空間が存在します。ジョージアン・ハウスに囲まれたスクエアー、シティの路地裏、歩行者用の地下トンネル、公園の片隅にある子供用のプレーグラウンド、都会にはあちこちにちょっとした空間があります。今月はそんな都会の空間を見つけて、静けさ、落ち着き、安堵感といった雰囲気のある写真を撮影して持ち寄るという課題でした。集まった写真の中には「空間」という文字に捉われて、田舎の広大な田園風景や広々とした大空を撮影したものもありましたが、大体の人の写真は面白い空間を探すために歩き回って努力した跡がよく見られました。今月は撮影者の目のつけどころという勉強になりました。

今月の優秀作品




●最優秀賞

c0138140_21462125.jpeg

Little Ben and Sky

撮影:中村静江

カメラ:Canon Powershot G7

加藤先生のコメント:ビクトリア駅のそばにあるリトルベン時計塔は、知る人ぞ知るロンドンのランドマークです。この写真は高層ビルの一部を取入れ、カメラを斜めにして都会の空をうまく切り取っています。











●佳作1

c0138140_21484335.jpg

Walking to the Light

撮影:Peter Adrados

カメラ:Canon 400D

加藤先生のコメント:何かSF映画一場面を想い起こす風景ですが、トンネルの出口の明るさとトンネル内部の暗さのバランスが非常に良くとれていて、光に向かって独りで歩く人物も非常に効果的です。








●佳作2



X-Shaped Sky

撮影:林 理佳

カメラ:Nikon D5100

加藤先生のコメント:4隅の建物で切り取られた空がちょうどXの形になっています。こういった風景はちょっと見過ごしがちですが、それを逃さずシャッターを切るという撮影者の目の付け所が立派です。











●佳作3


c0138140_21540168.jpg


Lonely Walk in Hunger Lane Subway

撮影:石川彰子

カメラ:Nikon D3000

加藤先生のコメント:大きなラウンドアバウトの地下にある地下鉄駅への通路です。地上は一日中混雑していますが、この地下通路は静寂さが漂います。そんな雰囲気を白黒写真で上手く表現してます。



●2018年6月例会のご案内

日時:6月9日(土)午後2時~5時

集合:Canada Square (Jubilee Line, DLRのCanary Wharf 駅下車)

撮影テーマ:未来都市ロンドン

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2018-05-17 22:08 | Comments(0)
2018年 04月 15日

Photo Club Meeting April 2018

加藤節雄写真クラブ 2018年4 月例会

動 物 写 真


4月例会は久し振りに「あべの」レストランの地下室に集まりました。今月のテーマは動物写真、原則的には3月例会で撮影会を行ったロンドン動物園での写真を持ち寄ることになっていましたが、3月例会の当日は天気も悪く、寒くて動物の生き生きした姿の撮影は難しい状況でもあったため、また、当日撮影会に参加できなかった人も多かったため、今月のテーマは一般的な動物写真ということで、実の回りにいる動物の写真でもOKということにしました。集まった写真は、ロンドン動物園の動物だけでなく、他の動物園の動物の写真、近所の犬、猫の写真、旅行先で撮影した動物の写真とかバラエティーに富んでいました。動物写真はうまく写っているだけでは面白くありません。何か変わったポーズをしている、表情をうまくとらえている、クローズアップでちょっと変わったアングルで撮影するとか、一つひねったものが要求されます。その意味では集まった写真はそれぞれに独特のアングルで捉えており、なかなか優秀なものが多かったようです。




今月の優秀作品





●最優秀賞

c0138140_09545950.jpg

Dear at Richmond Park

撮影:利田勝則

カメラ:Nikon D7100

加藤先生のコメント:リッチモンドの鹿の群れを撮るのは簡単ではありませんが、この写真は鹿の群れが座って一休みしている風景をローアングルで望遠レンズを使って、角の林を強調するように撮影しています。











●佳作1


Thrift Farm (Buckinghamshire)

撮影:恵 スパイビー

カメラ:Fujifilm X70

加藤先生のコメント:どこにでもいる鶏ですが、こうしてクローズアップにしてみると、羽のパターンの複雑さと色の配合等、とても美しいことが分かります。何かうっとうしそうな眼が何となく同情を誘います。











●佳作2

c0138140_09524799.jpg

Icelandic Cat

撮影:中村静江

カメラ:Canon Powershot G12

加藤先生のコメント:旅行先で見つけた丸々と太った猫、その猫のリラックスした顔をクローズアップで上手く捉えています。動物にも個性や表情が豊富にあるということをよく分からせてくれる写真です。











●佳作3

c0138140_09570045.jpg

Ring-tailed Lemurs at Hanwell Zoo

撮影:石川彰子

カメラ:Nikon D3000


加藤先生のコメント:リングネック・リモは寒がりの動物で、太陽が出ると、皆で揃って両手・両足を広げて日光浴をします。この写真はそんなユーモラスな光景を上手く捉えていかます。

●2018年5月例会のご案内

日時:5月12日(土)午後3時~5時

集合:「あべの」レストラン

持ち寄り写真テーマ:都会の空間

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.j


[PR]

# by tatsuocaster | 2018-04-15 09:47 | Comments(0)
2018年 03月 10日

Photo Club Meeting March 2018


加藤節雄写真クラブ 2018年3月例会

ロンドン動物園

3月例会は3月10日(土)にロンドン動物園にて撮影会を開きました。寒さとどんよりとして天気で、土曜日というのに、園内の混雑はなく、比較的自由に撮影出来ましたが、動物の方もあまりアクティブではなく、小屋に入ってしまっていたり、じっと動かないで眠っていたりで、なかなか思うようには撮影できませんでした。それでも参加者は午前中からねばって、夕方まで撮影を続けました。結果は4月例会で持ち寄ります。

今回参加できなかった人は、改めて動物園に行って撮影するか、近所の公園や街角で見つけた小動物、あるいはペットの愛くるしい写真等を撮影して持ち寄ります。(サンプル写真:加藤節雄)







c0138140_06385210.jpg

●2018年4月例会のご案内

日時:4月14日(土)午後3時~5時

会場:Abeno Restaurant

持ち寄り写真:動物写真

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2018-03-10 06:37 | Comments(0)
2018年 01月 22日

Photo Club Meeting January 2018

加藤節雄写真クラブ 2018年1月例会

カムデン・タウン


今年第1回の例会が1月13日(土)「あべの」レストランで開催されました。まず新年の挨拶に始まり、クリスマス・お正月をいかに過ごしたかを話しました。来年度のカレンダーについても話し合いました。来年もかカレンダーを制作したいと言う人が多かったため、2019年度もカレンダーの制作をします。今回はやり方を少々変えて作ります。詳しい案内は近いうちに出します。また、しばらく実行していない写真クラブ写真展も検討しています。これも決まり次第ご案内します。

今月の持ち寄り写真は11月例会で行った「カムデン・タウン」でした。当日は大雨にたたられましたが、それでも悪条件の中、良い写真がたくさん撮れました。また、当日参加できず独自に出かけて撮影した人、天気の良い日を選んで再び行った人等がありましたが、それぞれに努力の跡が見られカムデン・タウンらしい写真が集まりました。

今月の優秀作品






●最優秀賞


c0138140_08325318.jpg

撮影:飯塚忠治

カメラ:Canon EOS 1200D

加藤先生のコメント:雨に濡れる石畳の道路、赤い光が路上に反射しています。そこを赤い靴を履いた人物が歩いています。濡れた路面、2人の脚、赤い靴を強調した非常にインパクトの強い作品になっています。











●佳作1


c0138140_08342606.jpg


撮影:林 理佳

カメラ:Nikon D5100

加藤先生のコメント:露店に並べられたサングラスのディスプレーに人々や風景が写っています。どこにでもありそうな題材ですが、画面の切り取り方、色の面白さが、この写真を際立ったものにしています











●佳作2

c0138140_07422312.jpg

撮影:悦子KING

カメラ:i Pad

加藤先生のコメント:カムデン・タウンにはありとあらゆる商品が並んでいます。この写真も一瞬なんだろうと思いますが、よく見るとコンタクトレンズの看板と分かります、いかにもカムデン・タウンといったところです。











●佳作3

c0138140_08352139.jpg


撮影:利田さがみ

カメラ:Nikon D40

加藤先生のコメント:いかにもカムデン・タウンの雰囲気をよく醸し出しています。壁にはカムデンの象徴・エイミー・ワインハウスの肖像画が、そしてドアに座っている女性も雰囲気を盛り上げています。


●2018年2月例会のご案内

Wild Photographer of the Year写真展見学会

日時:2月10日(土)午後3時~5時

集合:Natural History Museum

地下鉄South Kensington駅

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2018-01-22 07:42 | Comments(0)