Life in London

tatsuo410.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 16日

Photo Club Meeting October 2018

加藤節雄写真クラブ 2018年10 月例会

「秋」を表現する

10月例会は久しぶり、そして最後の「あべの」での例会となりました。昨年よりちっと早めに来年度のカレダ―製作が完成したため、今月の例会で参加者に配布となりました。2019年も素晴らしいカレンダーが出来ました。

今月の持ち寄り写真テーマは「秋」。今年夏は暑く、まだ秋の風景にはちょっと早かったかもしれませんが、それでも樹々は黄葉し始め、公園にも寂寥感が漂う季節となりました。集まった写真は秋の風景を表現しようと努力した結果が良く表れており、どれも素晴らしい作品ばかりでした。

※「あべの」レストランの地下室は工事に入るため、今月の例会がここでの最後の例会になりました。工事終了後はどうなるのかまだはっきりしませんが、一応写真クラブでは別の会場を探すことにしています。どこか適当な場所がありましたらお知らせください。



今月の優秀作品


●最優秀賞

c0138140_05383053.jpg

「秋の風景」

撮影:中村静江

カメラ:Canon Powershot D7X400D

加藤先生のコメント:まさに「秋」そのものです。この風にたなびく枯草は絵画のようでもあるし、着物の模様にも似合いそうな「秋」を上手く表現しています。バランスも良く完成された写真です。











●佳作1

c0138140_05222628.jpg

「A Misty Day in Autumn」

撮影:Peter Adrados

カメラ:Canon 400D

加藤先生のコメント:全面の紅葉した樹木と霧のかかった背景のコントラストが非常に良く、秋の寂寥感が漂っています。色の配分も良く、落ち着いた写真になっています。




●佳作2

c0138140_05235279.jpg

「秋の葦」

撮影:村上勝成

カメラ:Nikon D5600

加藤先生のコメント:湖面に写った枯れ始めて色づいた葦の影がさざ波にそよぎ、水から突き出している枯れ木が何となく寂しそうな秋の風景を強調しています。無駄を省いた良い構図です。











●佳作3

c0138140_05245658.jpg

「A Street in Putney」

撮影:Shigemi Cheves

カメラ:iPhone 8



加藤先生のコメント:レンガの塀の上に落ちた一枚の紅葉した桜の葉、苔むした塀の上に赤い葉がアクセントとなり、この写真自身が俳句の世界を作り出しています。


●2018年8月例会のご案内

日時:11月3日(土)

11月例会は主宰者の日本への一時帰国のため、1週間早い3日となりますのでご注意ください。

11月例会はShorditch 地区の写真撮影会を開催します。このエリアは壁や塀のミューラル/グラフィティ(壁画/落書き)の多い地区で、撮影テーマはそんなカラフルな壁画の一部を切り取り、色のバランスを強調する写真を撮影することです。

集合:地下鉄Old Street 駅 改札口

集合時間:午後2時 (日没が早いためいつもより1時間早い集合となります)

雨天決行

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2018-10-16 05:43 | Comments(0)
2018年 08月 14日

Photo Club Meeting August 2018

加藤節雄写真クラブ(Setsuo Kato Photo Club)


2018年8月例会(August Get Together)報告


8月例会はお休みでしたが、8月11日(土)にイーストエンドにある魚介料理専門のFish Market Restaurantで食事会をしました。

当初は12時からの予定でしたが、多人数のためテーブルの予約が出来ず、午後2時30分からの遅いランチとなりました。

参加者は13人で和気あいあいとおいしい魚料理を満喫しました。食事後は近所のパブへ移動、

午後7時半ごろまで、ギネスやコーヒーを飲みながらおしゃべりの花が咲きました。


c0138140_07191574.jpg





●新入会員歓迎 入会申し込み(New Member welcome):loveako58@gmail.com (石川まで) 写真クラブブログ(Photo Club Blog):http://tatsuo410.exblog.jp






[PR]

# by tatsuocaster | 2018-08-14 07:24 | Comments(0)
2018年 07月 19日

Photo Club Meeting July 2018

加藤節雄写真クラブ 2018年7 月例会

未来都市ロンドン(ドックランド)

今月は6月例会で行ったドックランドの撮影会の写真を持ち寄りました。撮影テーマは『未来都市ロンドン』ということで、超近代的なガラス張りのビル群や街中にちりばめられた彫刻等を、これがロンドンかと思われるようなアングルで撮影するというものでした。持ち寄られた写真は、それぞれにビルの一部を鋭角に切り取ったり、ガラス張りのビルの窓に映る他のビルの姿を抽象的に撮影したり、工夫と努力の跡が見られました。大きなガラス張りのビルが並ぶドックランドはただ単にビルが写っているだけでは、変哲のない写真になってしまいます。興味のあるアングル、ビルの窓の繰返しパターンの面白さ、ガラスの窓や屋根に映る他のビルの姿等々、題材には事欠きません。まさにどこをどう切り取るかが勝負となります。



今月の優秀作品



●最優秀賞

c0138140_10252941.jpg


撮影:小川のり子

カメラ:Nikon Coolpix 8200

加藤先生のコメント:花の様に開いた彫刻の線とガラス張りのビルの窓、それに青空をうまく組み合わせて、超近代的な街の雰囲気を撮りこんでいます。構図も良く写真に安定感があります。











●佳作1

c0138140_10234280.jpeg

撮影:中村静江

カメラ:Canon Powershot D7X400D

加藤先生のコメント:一瞬何だろうと思いますが、よく見ると手前のビルのガラス張りの屋根に向こうのビルのてっぺんが写っていることが分かります。撮影者の目の付け所が良く、面白い写真が撮れました。











●佳作2

c0138140_10260141.jpg

撮影:林 理佳

カメラ:Nikon D5600

加藤先生のコメント:ビルのガラス張りの窓をうまく切り取り、横の線と梯子の様に並ぶ縦の線が直角に交差し、その向こうには曲線の窓があり、またその向こうには直線の窓枠があります。見事な構図です。











●佳作3

c0138140_08230787.jpg

撮影:スパイビー恵

カメラ:Fujifilm X70

加藤先生のコメント:ビルの窓の写る他のビルの窓と影、それに彫刻の線が交

じり、どれが本当のビルでどれが反射なのか分からなくなるくらいに複雑に交錯して、面白い画面を構成しています。



●2018年8月例会のご案内

日時:8月11日(土)

8月の例会はお休みです。夏休みで出かけている人もいると思いますが、ロンドンにいる人は会食でもして写真談義をしましょう。

詳細は事務局よりメールでお知らせします。

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2018-07-19 10:26 | Comments(0)
2018年 06月 17日

Photo Club Meeting June 2018

加藤節雄写真クラブ 2018年6月例会

未来都市ロンドン

6月例会はドックランドの撮影会をしたしました。ガラス張りのビル群、ビルの谷間を通り抜ける鉄道、水面と建物の絶妙なバランス、各所に置かれた彫刻やモニュメント群、職・住・食・商等が一体となったドックランドは、ここがロンドンなのかと目を見張るものがあります。今月のテーマはそんな「未来都市ロンドン」をカメラに収めることでした。撮影した写真は7月例会に持ち寄ります。(参考写真:加藤節雄)


c0138140_22175918.jpg
c0138140_22180603.jpg
c0138140_22194639.jpg

c0138140_21550443.jpg
c0138140_21551138.jpg


●2018年7月例会のご案内

日時:7月14日(土)午後3時~5時

会場:「あべの」レストラン

持ち寄り写真:未来都市ドックランド

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp





[PR]

# by tatsuocaster | 2018-06-17 22:20 | Comments(0)
2018年 05月 17日

Photo Club Meeting May 2018

加藤節雄写真クラブ 2018年5 月例会

都会の空間

今月のテーマは「都会の空間」でした。ビルの谷間や、高層ビルで切り取られた空、都会の風景の中にはひっそりとした空間が存在します。ジョージアン・ハウスに囲まれたスクエアー、シティの路地裏、歩行者用の地下トンネル、公園の片隅にある子供用のプレーグラウンド、都会にはあちこちにちょっとした空間があります。今月はそんな都会の空間を見つけて、静けさ、落ち着き、安堵感といった雰囲気のある写真を撮影して持ち寄るという課題でした。集まった写真の中には「空間」という文字に捉われて、田舎の広大な田園風景や広々とした大空を撮影したものもありましたが、大体の人の写真は面白い空間を探すために歩き回って努力した跡がよく見られました。今月は撮影者の目のつけどころという勉強になりました。

今月の優秀作品




●最優秀賞

c0138140_21462125.jpeg

Little Ben and Sky

撮影:中村静江

カメラ:Canon Powershot G7

加藤先生のコメント:ビクトリア駅のそばにあるリトルベン時計塔は、知る人ぞ知るロンドンのランドマークです。この写真は高層ビルの一部を取入れ、カメラを斜めにして都会の空をうまく切り取っています。











●佳作1

c0138140_21484335.jpg

Walking to the Light

撮影:Peter Adrados

カメラ:Canon 400D

加藤先生のコメント:何かSF映画一場面を想い起こす風景ですが、トンネルの出口の明るさとトンネル内部の暗さのバランスが非常に良くとれていて、光に向かって独りで歩く人物も非常に効果的です。








●佳作2



X-Shaped Sky

撮影:林 理佳

カメラ:Nikon D5100

加藤先生のコメント:4隅の建物で切り取られた空がちょうどXの形になっています。こういった風景はちょっと見過ごしがちですが、それを逃さずシャッターを切るという撮影者の目の付け所が立派です。











●佳作3


c0138140_21540168.jpg


Lonely Walk in Hunger Lane Subway

撮影:石川彰子

カメラ:Nikon D3000

加藤先生のコメント:大きなラウンドアバウトの地下にある地下鉄駅への通路です。地上は一日中混雑していますが、この地下通路は静寂さが漂います。そんな雰囲気を白黒写真で上手く表現してます。



●2018年6月例会のご案内

日時:6月9日(土)午後2時~5時

集合:Canada Square (Jubilee Line, DLRのCanary Wharf 駅下車)

撮影テーマ:未来都市ロンドン

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2018-05-17 22:08 | Comments(0)