Life in London

tatsuo410.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 21日

Photo Club Meeting June 2017

加藤節雄写真クラブ 2017年6月例会

「春のSt. James’s Park」

6月例会では5月例会で撮影会を行ったロンドン中心部St. James’s Parkで撮影した写真を持ち寄りました。当日参加できず、他日に出かけて撮影して参加してくれた人もいました。また、今月は日本への一時帰国、出張等で、参加できず写真参加だけをした人も5人に上りました。

公園には水鳥がたくさんいます。集まった写真も白鳥やガチョウ類、ペリカンなどの水鳥を撮影したものが多くありました。春の公園らしくひな鳥を連れている鳥が多く、絶好の被写体となりました。また、春の公園でリラックスする人、散歩する人、いかにも春らしい写真が集まりました。




今月の優秀作品




●最優秀賞

c0138140_07071862.jpg
撮影:Peter Adrados

カメラ:Canon 400D

加藤先生のコメント:4羽のひな鳥を連れた親鳥の、優しそうな視線が印象的です。何枚も撮影した中の1枚でしょうが、水に映る影や波紋の形、親鳥の位置とひな鳥の向かう方向等を実に上手にまとめています。











●佳作1

c0138140_07175964.jpeg

撮影:中村静江

カメラ:Canon EOS Kiss X7

加藤先生のコメント:くちばしが異常に大きいペリカンは、それ自体少々コミックな形をしていますが、ちょうど3羽が横一列に並んだところを、逃さずに撮影しました。日の当たる後方の藻の緑がいかにも春らしさを表しています。











●佳作2


撮影:小川のり子

カメラ:Nikon Coolpix SP8000

加藤先生のコメント:春の公園で日光浴をする人物を大胆にとらえています。余計なものをし廃し、望遠で引き付けて撮影することにより、迫力が増しています。足元のカラスもアクセントになっています。









●佳作3








撮影:利田さがみ

カメラ:Nikon D3300

加藤先生のコメント:公園を歩く旅行者の団体でしょうか。どこにでもある風景ですが、この写真はカメラを超ローアングルにして手前の緑の芝生をぼかして撮影したことにより、面白くなりました。

●2017年7月例会

2017年7月8日(土) 午後3時

持ち寄り写真テーマ:「水」

●沖縄デー写真撮影会と写真コンテスト

6月24日(土)10:00-18:00

Old Spitalfields Market, Brushfield Street, London E1 1AA

地下鉄:Liverpool Street

撮影した作品は(1人3枚まで)7月例会にお持ちください。

特賞:「あべの」レストラン食事券1名/佳作賞:沖縄特製品2名

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2017-06-21 07:19 | Comments(0)
2017年 04月 19日

Photo Club Meeting April 2017



加藤節雄写真クラブ 2017年4月例会

「ブツ撮り」写真

3月例会では小物のクローズアップを撮影するいわゆる「ブツ撮り」写真の撮影会をしましたが、今月はその時に習ったライティングや露光技術を応用して各自家庭でブツ撮り写真を撮影して持ち寄りました。目指すのは芸術的写真ではなく、商品カタログに掲載して消費者の目を引くような写真を撮影することです。集まった写真はそれぞれに苦労の跡が見られるものがたくさんありました。クオリティーの高い写真の撮影には、ライティングを正しく使うことと、どうしても露出とシャッタースピードの連携、その上にISO感度の選択など、いろいろな条件を組み合わせなければなりません。今回は技術的なことをたくさん勉強しました。




今月の優秀作品





●最優秀賞



「Thistle Glass」

c0138140_06383843.jpg

撮影:King悦子

カメラ:iPad

加藤先生のコメント:グラスの撮影は透明感や質感を出すのが難しいのですが、この写真はライティングも良く、黒のバックグラウンドでカットグラスの模様をきれいに出しています。












●佳作1

c0138140_06402545.jpg

「Elephant Bell」

撮影:榎村庸子

カメラ:Ricoh GRⅡ

加藤先生のコメント:多分ブロンズ製だと思われるこのオブジェクトは実は象の首に着けるベルだそうです。ライティング、質感、バックグラウンドの色も良く、高いクオリティーに出来上がっています。











●佳作2

c0138140_07245642.jpg

「ブローチ」

撮影:スパイビー恵

カメラ:Canon EOS Kiss X70

加藤先生のコメント:きらきら光る金色のブローチはともすると反射でボヤーとして模様が良く見えなくなってしまうことがあるのですが、この写真は凹凸がはっきりと分かり、高級感が出ています。











●佳作3

c0138140_05454967.jpg

「花かご」

撮影:石川彰子

カメラ:Nikon D3000

加藤先生のコメント:花が中心なのか、花を入れるメタル製のかごが主なのか、多分両方なのでしょうが、ライティング、構図、質感等、非常にバランスが良くとれています。カタログ雑誌に掲載しても、遜色はないでしょう。

●2017年5月例会

2017年5月13日(土) 午後3時

会場:St James’s Park撮影会「春の公園」

集合:ICA(Institute of Contemporary Art, The Mall)前

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2017-04-19 05:54 | Comments(0)
2017年 03月 19日

Photo Club Meeting March 2017

加藤節雄写真クラブ 2017年3月例会

「物撮り」撮影会

2月例会で各自が家で小物のクローズアップ写真を撮影し、それを持ち寄りましたが、3月例会では、実際に例会会場に小物を持ち込み、自分のカメラでそのものを撮影するという撮影会を行いました。この「物撮り」は業界用語では「ブツドリ」と呼んでいます。メンバーの一人安田和代さんが照明機材を貸してくれましたので、スタジオ用の照明器具を机の両側から点灯し、一人ひとり交代で本格的に「ブツドリ」写真に挑戦しました。

ほとんどの人にとって三脚を使って、マニュアルモードで撮影するのは初めての経験で、高い露出にするほど写真に深みが出ること、そのためにはシャッターを遅くしないとならないので、どうしても三脚が必要になることなどを学びました。コンパクト・カメラによってはマニュアルモードのないものもあり、あまりいろいろな操作が出来ないものもありますが、ほとんどの人は物のクローズアップ写真はどう撮影するかということが理解できたものと思います。


c0138140_06425113.jpg



●2017年4月例会

2017年4月8日(土) 午後3時

会場:「あべの」レストラン

持ち寄り写真テーマ:3月例会で撮影したモノの写真。参加できなかった人は各自「ブツドリ撮影」をしてその写真を持ち寄る。

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2017-03-19 04:21 | Comments(0)
2017年 02月 20日

Photo Club Meeting February 2017

加藤節雄写真クラブ 2017年2月例会


カタログ写真


小雪混じりの寒い日が続く中、2月例会が2月11日にありました。今月の持ち寄り写真テーマは「カタログ写真」です。身近にあるモノをきれいに撮影し、カタログ写真として使えるような作作品を持ち寄りました。今回のテーマは芸術的、創造的写真というよりも、モノをズバリ撮影し、クオリティー、シャープさで、そのモノを買いたくなるような写真を撮ることです。中には芸術的過ぎてモノが回りのものに埋没してしまっている写真や、影をわざわざ創り出してカタログ写真には向かないものもありましたが、全体的には良いクオリティーの写真が集まりました。



今月の優秀作品



●最優秀賞

c0138140_09354192.jpg

「Inkwell」

撮影:Peter Adrados

カメラ:Canon 400D

加藤先生のコメント:アンティークのインク壺を黒い紙の上に置き、三脚を据えて露出をF18に絞り込みシャッタースピード1/6で撮影しています。そのため写真に深みが出て、素晴らしいクオリティーになっています











●佳作①

c0138140_09392267.jpg

「S & P」

撮影:中村静江

カメラ:Canon Powershot G12

加藤先生のコメント:透明の容器の質感を表現するのは難しいのですが、この写真はバックグラウンド、ライティングを上手に使って、プラスチック容器の質感を良く表現しています。



●佳作②

c0138140_09405848.jpg

「Wa - 和」

撮影:フラナリー美紀恵

カメラ:Samsung D860

加藤先生のコメント:箸置きを単に並べるだけでなく、色違いの和紙の上に置き、黒のバックとのバランスをとっています。カタログ写真に適した日本的な感じが良く出ています。











●佳作③

c0138140_05282755.jpg

「Zebra Plate」

撮影:小川のり子

カメラ:Nikon Coolpix S8200

加藤先生のコメント:シマウマの置物を縞模様のあるボウルに乗せ、なかなかユニークな写真になっています。馬が主なのかボウルが主なのかは定かでありませんが、多分コンビネーションなの尚でしょう。

●2017年2月例会

2017年3月11日(土) 午後3時

会場:「あべの」レストラン

カタログ写真の撮影会:撮影する小物、カメラ、三脚、ライティング等をお持ちください。

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで) 写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp


[PR]

# by tatsuocaster | 2017-02-20 09:42 | Comments(0)
2017年 01月 18日

Photo Club Meeting January 2017



加藤節雄写真クラブ 2017年1月例会

冬の公園




今年初めての例会は1月14日(土)、時々雪が混じる冷たい雨の降る中、あべのレストランで開催されました。風邪で参加できない人も数人いて、参加者は見学者を含めて9人でした。冬の公園の寒さを表現するのは簡単なようですが、実際に撮影してみると、漠然とした冬の写真になってしまっていたり、もう少し寒かったはずと思う写真になっていたりするものです。やはり、霧だとか氷だとか雪といった寒さを表現するものを撮り込んだ方が、寒さを表現するのには都合がよいようです。



今月の優秀作品






●最優秀賞
c0138140_8122476.jpg

「Fog in Greenwich」
撮影:フラナリー美紀恵
カメラ:Samsung D860

加藤先生のコメント:グリニッチ天文台からO2ドーム方面を眺望し、霧が低くグリニッチパークを漂っています。いかにも冬の公園の寒々とした光景をうまくとらえています。4本の煙突がこの写真のアクセントになっています。










●佳作1
c0138140_8132054.jpg

「春遠し」
撮影:中村静江
カメラ:Canon Powershot G12

加藤先生のコメント:若いカモメが氷の張った池の上に立ち往生しています。多分このカモメにとっては初めての冬で、戸惑っているのかもしれません。黒い氷の表面、鳥の姿の反射等、寒さをよく表しています。










●佳作2
c0138140_141309.jpg

「A Man and A Dog」
撮影:榎村庸子
カメラ:Nikon D80

加藤先生のコメント:ハムステッド・ヒースの雪の中、犬の散歩をする人を白黒写真で撮影しています。カラーで撮影するよりも、雪の効果を表現するには効果的ですし、寒さもよく表現されています。










●佳作3
c0138140_9545374.jpg

「St. James’s Park」
撮影:Spivey恵
カメラ:Fujifilm X70

加藤先生のコメント:この公園は誰かがいつも鳥に餌をやりに来ています。今日も池の周囲の柵の上にズラーと並んだ鳩たちが、餌をもってやって来る人を待っています。冬の公園の日常です。



2017年2月例会

2017年2月11日(土) 午後3時

会場:「あべの」レストラン

持ち寄り写真テーマ:物のクローズアップ

新会員歓迎

入会申し込み: loveako58@gmail.com(石川まで)
写真クラブブログ:http://tatsuo410.exblog.jp
[PR]

# by tatsuocaster | 2017-01-18 08:16 | Comments(0)